『収縮色と膨張色』

『収縮色と膨張色』

みなさん、収縮色と膨張色って聞いたことありますか?

同じ大きさでも、

収縮して小さく見える色と、

膨張して大きく見える色。

これは、

『明るい』or『暗い』

『暖色』or『寒色』

に、よって左右されます。

色に置き換えてみると、

『明るい』=白 よりも、

『暗い』=黒  の方が、キュッと収縮してみえます。

また、

『赤』=暖色 よりも、

『青』=寒色 の方が、やっぱり収縮して見えます。

お洋服も、なんだか黒を着た時の方が痩せて見える気がしますよね!

なんとなく、お洋服のコーディネートも下は黒が多い…と、言う方も多いのではないでしょうか?😊👖

ヘアカラーも同じで、

例えば、トーンが低かったり、寒色の方が、頭も小さく見えるし、フェイスラインも引き締まって見えます。

🌟カウンセリングでも、こんな方いらっしゃいませんか?

『なんか、顔が大きいの(フェイスラインのたるみ)が気になる…』

『なんか、髪質のせいか、いつも広がってボワッとする…』

カットデザインやトリートメントでのケアももちろんですが、ヘアカラーからもアプローチできます。

因みにですが、

碁石。囲碁で使うやつですね。

あれって、黒と白で大きさ違うの皆さんご存知ですか?

黒石の方が0.3ミリ、また厚さについても白石に比べて黒石は約0.6ミリほど大きく作られているんです。

でも、同じ大きさに見える…👀

人間の目って不思議です。

ひのおかでした。

————————-

皆さんの引き出しの一つに、なりますようにキラキラピンクハート