【パーソナルカラーと似合うヘアカラー】

【パーソナルカラーと似合うヘアカラー】

パーソナルカラーとは、以前ご紹介させていただいたように『馴染む』色のこと。🌈

お肌の色に溶け込んで、その人の魅力をアップさせてくれる色ですが、

お顔の周りにくるヘアカラーはダイレクト『なんか似合わない・・・』を、感じ取ります。びっくり

『なんか、アッシュ系やると顔色悪く感じるんだよね・・・』

『明るくないと、私に合わないんだよね・・・』

など。

この辺は、結構パーソナルカラーが影響していることが多いです。

まず、大きく分けてイエローベースさんとブルーベースさんに、似合う色の考え方をご紹介したいと思います。

【イエローベースの似合う色】

イエローベースさんは、お肌に黄味がかった要素があります。

なので、ヘアカラーも、それに近い色を選んであげると、お肌が、健康的に明るく見えます。

黄色を中心に、

赤オレンジ(カッパー系)あたりから、緑(マット系)あたりの黄みを感じる色だと、お肌への馴染みが良く、お肌を綺麗に見せてくれます。

逆に、青味(アッシュ)が強いと、お顔のトーンが下がって、顔色が悪く不健康そうに見えてしまいます。

【ブルーベースさんに似合う色】

ブルーベースさんは、お肌に青味がかった要素があります。

なので、ヘアカラーも、それに近い色を選んであげると、お肌に透明感が増して、綺麗に見えます。

青色を中心に、

赤紫(バイオレット系)あたりから、青緑(カーキ系)あたりまでだと、お肌への馴染みが良く、お肌を綺麗に見せてくれます。

逆に、黄味感(ベージュ)が強いと、お顔が、くすんだ感じに。クマなどの、影が目立ちやすくなってしまいます。

例えば、カウンセリング事例。ニコニコ

イエローベースのお客様🌈ニコ

客『ちょっとかっこいい雰囲気にしたいから、寒色にしてみたいんだけど・・・』

ス『わかりました。寒色なら、アッシュ系いかがでしょうか?』

今まで、だったらこう言ってしまいそうですが、

パーソナルカラーを踏まえると・・・

客『ちょっとかっこいい雰囲気にしたいから、寒色にしてみたいんだけど・・・』

ス『わかりました。寒色系ですね。

  寒色の中で、一番かっこいい雰囲気に見えるのはアッシュ系・・・ですが。

  お客様のお肌の色に合わせると、寒色の中ではマット系がお似合いになりそう

  ですが、いかがでしょうか?

  寒色の、かっこいい感じは残しつつ、お客様の、お肌を綺麗に見せてくれるので

  おすすめです。』

さぁ。

どっちのスタイリストの方が、お客様の『似合う』を引き出せてそうですか?ニコニコ

そして、どちらのスタイリストがお客様から、喜ばれそうですか?

今回は、イエローベース、ブルーベースでお話ししましたが、

スプリング・サマー・オータム・ウィンター

こちらの4分類で分けていくと、もっと似合う色がわかります。

(イエローベースさんでも、似合うアッシュもありますので。)

お楽しみに♪

ひのおかでした