【同じ色でも、彩度と明度で、こんなに違う!】

【同じ色でも、彩度と明度で、こんなに違う!】

みなさん、彩度明度ってご存知ですか?

同じ色でも、彩度と明度によって、色々な雰囲気に変わります。

例えば、『赤』

『赤』は、色の中で強さを感じる色です。

生命力や情熱などの印象があります。

ヘアカラーも、赤にすることはありますが、赤といっても色々な赤がありますよね。

普段は、

『暗めの赤の方がいいかな・・・』『鮮やかな赤の方がいいかな・・・』など、

彩度と明度を、感覚で選んでいると思いますが、

何が彩度で、何が明度なのか。

彩度と明度によってどのような印象になるのか。

一度、頭の中を整理してみましょう。

彩度による赤の変化

彩度は、色のクリア感、濁り感を表したものです。

彩度が高い → クリアなビビット感

彩度が低い → くすみ感(灰色を混ぜていく)

彩度が高い色味に、少しずつ灰色を足していくイメージです。

すると、徐々にくすんだ色味に・・・。

最終的には、無彩色に近ずきます。

明度による赤の変化

明度は、色の明るさ、暗さを表しています。

明度が高くなると、赤に白が混ざっていくイメージ。

赤に白が混ざると、ピンク色に。赤もどんどん優しい方向に近ずいていきます。

明度が低くなると、赤に黒が混ざっていくイメージ。

赤に黒が混ざると、ボルドーになっていくイメージ。赤も重たくシックな方向に近ずいていきます。

この、彩度と明度。

ヘアカラーをデザインする上でも、みなさん使い分けてるのではないでしょうか?

例えば、こんなカウンセリングよくありますよね。

お客様 『赤い色にしたいのよね』

美容師 『わかりました。どれくらいの赤にしましょうか?』

そんな時、

『コスプレ展があるから、派手にしたい!』

ビビットな赤を求められているお客様であれば、

ブリーチしてマニキュアの赤をお勧めするでしょうし、

『パーティーで、タイトな黒ドレスを着るから上品な感じにして欲しい』

こんな、お客様だったら、ボルドーのような落ち着いた赤をお勧めしたくなりますよね。

1つの色でも、彩度や明度が変われば、雰囲気も変わります。

ひのおかでした