【色彩心理と、ヘアカラー】

===========================================

【色彩心理と、ヘアカラー】

みなさん、『色彩心理』という言葉を聞いたことありますか?

読んで字のごとく、色が心に与える印象ですね。ニコニコ

一見、難しいように感じますが、私たちの日常はこの色彩心理にあふれています。

例えば、コーヒーショップ。

『ゆっくりしたいな』と、思っていくことが多い場所ですよね。

ロゴは茶色や黒。グリーンが使われていることが多いです。

茶色と黒はコーヒー豆の色と同時に、落ち着き感・重厚感を表す色。

グリーンも、植物を連想させる色で、リラックス、安心感などを感じる色です。

では、マクドナルド。

どちらかというと、店内はお子さんもいたり賑わってるイメージ。

ロゴは、赤と黄色のイメージですね。

赤は、情熱感や食べ物を美味しく見せる色。黄色は、ハッピー感や元気さ。笑顔。などを表す色。

このように、私たちの日常は、色と心が密接に関係しています。

同じようにヘアカラーも考えてみると、

優しく見られたい人には、ピンクやベージュなど。=優しさや柔らかさ

カッコよく見られたい人には、アッシュ系や黒など。=冷静、フォーマル

このほうが、良さそうに感じませんか?ニコニコ🌈

みなさんの、お客様は『どんな自分に見られたい(みせたい)』と思っているのでしょうか?

提案の角度が、1つ増えそうですね。

ぜひ、聞いてみてくださいニコニコ

ひのおかでした。