【暖色と寒色】

===========================================

【暖色と寒色】

色には、暖色・寒色・中性色と呼ばれる分類があります。

暖色とは、暖かい感じのする 『赤、橙など』 

寒色とは、冷たい感じのする『青など』

中性色とは、温度感が無い色で、緑、紫などがこれにあたります。

中間色にはどこからどこまでという、明確な基準はありませんが、

暖色は、赤紫から黄緑くらい

感触は、青紫から青緑くらいまでのことを指します。

この暖色と寒色。

ヘアカラーでも、よく『暖色系』『寒色系』なんていったりしますね。

「意外と暖色って幅広いんだな・・・。」

なんて、思いませんでしたか?

暖色は、暖かみを感じて優しく見せてあげたり、彩度をあげると(ブリーチonヘアマニキュアのイメージ)情熱や活発感を与えます。

逆に、寒色は、知的に爽やかに見せたり、彩度をあげると(ブリーチonヘアマニキュアのイメージ)クールな印象を与えます。

そして実は、実際に感じる体感温度も変わるのをご存知ですか?

(ここからは、お客様との雑談にどうぞ。)

例えば、実際には全く同じ温度・湿度の部屋で、一方は部屋中真っ赤。

もう一方は、部屋中真っ青。

 

この環境の中におかれると、不思議と、赤い部屋にいる方が体温が上がるのだそうです。

これは、赤は、脈拍、呼吸数、血圧を上げ、筋肉も緊張興奮状態にするのに対し、

青は、脈拍、呼吸数、血圧を下げ、筋肉も鎮静状態になるので涼しく感じられるのです。

色が与える印象は、相手の温度まで変えてしまうんです。

色の効果って、すごいですよね。

ひのおかでした。