感覚と理論で引き出しを広げる

=====================================

お客様とのカウンセリング中、

こんな場面ありませんか?ニコニコ

お客様

『なんか、今ってどんなのが流行ってるの?』

スタイリスト

『今年の秋冬だと、こんな色が流行ってますよ。(新色チャートを見せる)』

お客様

『えー。どれが似合うと思う?』

スタイリスト

『そうですねぇ…お客様には、こちらの方がお似合いになると思います』

この時、感覚で答えるのも、悪くないんです。

感覚=センス。

センスは経験によって磨かれますから。

沢山経験をして、センスも持っているスタイリストだと、感覚でももちろん似合う色を選べます。

(だいたい、スタイリスト自身もおしゃれ 笑)

でも、本当にわからないで答えてるとしたら?

お客様的には、

(となりの色の方が好きなんだけどなー)

(やってみたけど、なんかちがうなー)

(なんか、このスタイリストさんと合わないかもなー)

など、心の中で囁いてるかもガーン

恐ろしいですねアセアセ

その、感覚を理論に変えるのがパーソナルカラーと、色彩心理ニコニコ🌈

経験が浅いスタイリストでも、

どちらの方がお似合いになりそうか、

『なぜならば』を、付けてお答えできるおねがい

この、『なぜならば』で答えられるからお客様からの信頼も得られるし、自分にも自信がもてますラブラブ

自信がつけば、姿勢も伸びます。

姿勢が伸びれば、雰囲気にも現れます。

雰囲気にも現れれば、説得感も変わってきます。

説得感も変わると、お客様からの信頼度も上がります。

信頼度も上がれば、、、ニコニコ

もう、いい未来しか見えないですよね!!

そのきっかけの一つに、パーソナルカラーの知識、是非使ってくださいね!!

=====================================